新着 

報道実務家フォーラム

​青森で開催決定

2019年11月23日(土)、24日(日)

 報道の現場にいるみなさん。どうしたらもっと面白く、よりよい報道を実現できるか、日々の仕事についてじっくりと語り合ってみませんか。

 同業者や専門家から現場で役に立つスキルや視点を学び、会社の枠を超えて記者や編集者が一緒に議論する「報道実務家フォーラムin青森」が11月、東奥日報社の全面的なご協力により、青森市で開かれます。現役記者による全5講座と交流会、視察を含む充実の2日間。初めての地方開催となります。東北をはじめ北海道、さらに他の地方の方も、ぜひご参加ください。

プログラム

11月23日(土)

10:00~19:00 講座

 ネット情報収集の裏技▽情報公開制度活用術▽こんなに使えるオープンデータ▽ネット非難に凹まない!実名報道の意味はこう説明する▽秋田魁「イージス・アショア」スクープはこうして実現した

19:30~ 交流会

 

11月24日(日)

10:00〜15:00 航空自衛隊・米軍三沢基地と周辺視察(詳しい記者が解説)

 

会場 東奥日報本社(青森市第二問屋町3-1-89)

主催 NPO法人報道実務家フォーラム・東奥日報社

参加費 23,24の2日間…5000円

    23日のみ…4000円

お申し込み、詳しい内容はこちら(申し込みサイトに移動します)

​ 予告 

 

​報道実務家フォーラム2020 日程決定

​2020年4月24日(金)~26日(日)

早稲田大学国際会議場で開催

​ 来年の報道実務家フォーラム2020の日程が決まりました。2020年4月24~26日の3日間、早稲田大学国際会議場(東京・新宿区)で開催予定です。大型の「拡大版」としては4回目を迎えます。全国の報道現場で日々奮闘する皆様のご参加をお待ちしております。​詳細は決まり次第、本サイトなどでご案内します。まずは日程の確保をお願いいたします。

​テーマ・事例・講師募集

 来年のフォーラムに向けて現在、講座のテーマや講師の選定を進めています。「あのスクープはどう取材したの?」「最近、取材でこんなことがあって困った」または「ぜひこの人を講師に」など、具体的に気になる報道や話題、講師の推薦がありましたら、ぜひ事務局までメールをお送りください。メールはこちら (info@j-forum.org)

Logo.png

報道実務家フォーラムは、調査報道を支える非営利ジャーナリズム団体の国際組織「世界調査報道ネットワーク」(GIJN)に加入しています