記者・編集者のスキルと知識を高める

報道実務家フォーラム

2020

オンライン

​【第2部】全8講座確定

 10月30日(金)開始!

毎週金曜午後7時半〜

(11月25日のみ水曜)

講座のURLなどはお申し込みいただいた方に追ってご案内いたします

新型コロナウィルス感染拡大防止のため延期していた報道実務家フォーラム2020−−この秋、オンラインイベントとして開催します!


 9月18日~10月23日に開催した【第1部】に続き、10月30日から【第2部】が始まります。12月18日まで計8回。すばらしい報道を成し遂げた経過や、取材のためのテクニックが熱く語られれます。小説家真山仁さんも登場してくださいます。ぜひご参加下さい。

日時
第2部…10月30日(金)〜12月18日(金)←NEW!

毎週金曜午後7時半から。11月25日のみ水曜日

 

参加費
第2部(8講座)通しで4000円

※第1部ご参加の方には第2部にご優待いたします。参加者専用ページよりお申し込み下さい。

【第2部】講座日程・内容 

講座の詳しい内容はこちら

(内容、日時は変更されることがあります)

 

◇10月30日(金)

遺骨は日本人ではなかった!国の「不都合な真実」をどう暴いたのか

講師:木村真也(NHK社会部副部長)  2020年新聞協会賞受賞

 

◇11月6日(金)

ニュースを読まないユーザーへの伝え方~データからニーズを掴む~

講師:前田明彦・中原望(Yahoo!ニュース 編集)

 

◇11月13日(金)

イージス・アショア ずさん調査はなぜ地方紙に暴かれたのか

講師:松川敦志(秋田魁新報社会地域報道部長)第68回菊池寛賞、2019年新聞協会賞受賞

 

◇11月20日(金)

レオパレス、リクルート、許永中…経済事件スクープ連発、その舞台裏

講師:阿部 欣司(テレビ東京 報道局 ニュースセン夕- ディレクター)

◇11月25日(水) ※この回のみ水曜日となります。ご注意ください。

事例に基づき悩みに答えます! 「申し入れ」多発時代に報じるための法律アドバイス

講師:小町谷育子(弁護士)

12月4日(金)

より良い被害者取材を模索する~京アニ、池袋暴走の現場と当事者への社会的支援

講師:吉永周平(京都新聞社報道部記者)・守田哲(TBS社会部記者)・新恵里(京都産業大法学部准教授)

 

◇12月11日(金)

真山仁から記者たちに贈るエール

講師:真山仁(小説家)

  対面とオンライン中継の両方で開催します!

 (リアル会場は日本記者クラブ=東京都千代田区内幸町=を予定しています。コロナ対策の観点から別途登録をお願いする予定で、近く申し込み開始します)

 

◇12月18日(金)

訴訟記録を活用しよう  12月刊行のハンドブック著者が語ります

​講師:「記者のための裁判記録閲覧ハンドブック」著者グループ

お申し込み

下記のボタンをクリックしてお申し込み専用ページからお申し込みください。

​当日の午後4時までにお申し込みください。クレジット決済のみとなります。

第1部9月18日~10月23日の内容はこちら

注意事項
・本フォーラムは、記者、編集者、ディレクターなどが報道実務のスキルと知識を高めるため学び、話し合う場です。その趣旨と異なる目的では参加できません。申し込み後でも参加をお断りする場合があります。
・主催者による円滑な進行に協力し、その指示に従ってください。
・主催者や講師によるオフレコの指定があった場合は遵守してください。
・フォーラムを開くオンライン会議室にはお名前、ご所属を明らかにして入室いただきます。フォーラムの趣旨に反する行為や、進行の妨げとなる行為があった場合、主催者の指示に従って頂けない場合は、やむを得ず退出をお願いしたり、削除させていただく場合があります。
・この注意事項を遵守頂くことが参加条件になります。

Logo.png

報道実務家フォーラムは、調査報道を支える非営利ジャーナリズム団体の国際組織「世界調査報道ネットワーク」(GIJN)に加入しています