大手メディアをしのぐまとめサイトの拡散力〜実態とフェイクニュースを検証する取材

籏智広太(バズフィード・ジャパン ニュースレポーター)

第1会議室

27日(土)

​〜

11:10

12:30

ネット掲示板の書き込みやTwitterなどを情報源に記事を大量につくる「まとめサイト」。読み手の感情を刺激するような見出しが付き、SNSを中心に広くシェアされています。沖縄の県民投票では全国紙など大手メディア以上に拡散したサイトもありました。多くのまとめサイトに共通するのは広告収入を目的としており、記者による関係者への取材よりも、ネット上の情報やコメント、伝聞などをもとに記事を書く点です。事実関係をめぐる正確性が欠けていたり、誹謗中傷、ヘイトスピーチが含まれていたりすることが問題視され、「保守速報」のように訴訟に発展したケースもありました。ネットメディアBuzzFeed Japanでは、そうしたサイトのファクトチェックに取り組んできたほか、その実態を関係者へのインタビューなど通じて報じてきました。まとめサイトをめぐる問題、その取材・報道の成し遂げ方、課題と成果について、現場から報告していただきます。

籏智広太(はたち・こうた、バズフィード・ジャパン ニュースレポーター)
1989(平成元)年横浜生まれ。慶應義塾大環境情報学部卒、同大メディアコミュニケーション研究所修了。2012年に朝日新聞に入社。京都、熊本総局でハンセン病担当や震災取材などを経験。16年5月よりBuzzFeed Japan記者。沖縄基地問題やヘイトスピーチ、戦争体験などの分野を中心に取材し、特にインターネット上の言説のファクトチェックに注力。18年の沖縄知事選や19年の辺野古県民投票を担当した。
※記事一覧: https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi?language=all

Logo.png

報道実務家フォーラムは、調査報道を支える非営利ジャーナリズム団体の国際組織「世界調査報道ネットワーク」(GIJN)に加入しています