J-Forum拡大版2019に370人

3日間の熱い議論を写真で再び

 報道実務家フォーラム(J-Forum)拡大版2019が4月26日から3日間、東京・早稲田大学国際会議場で開かれ、全国の新聞、テレビ、雑誌、ネットメディアなどから現役の記者・編集者を中心に約370人が参加し、盛況のうちに終了しました。

  全30講座、計46人の優れた講師陣が、取材・報道の最前線で役立つテクニックや経験談、または葛藤、悩みを参加者と共有し、教室の外まで熱気あふれる活発な議論が展開されました。

 会社・組織の枠を超えた交流に、参加された皆さんからは早くも「あらためてファイトがわいた」「暗い気持ちになることもあったが、希望が持てた」「正直に悩んで苦しんで、フォーラムで共有することがものすごく大切だと思う」などの感想が届いています。フォーラムで得たパワーが、日々の取材・報道の支えや突破口になれば幸いです。

 このフォトギャラリーで当日の熱気と議論を再び思い起こし、ニュースの現場を元気に盛り上げていきましょう。

 

講師の皆さん

講師として、全国の新聞・テレビに所属する現役記者やディレクターをはじめ、世界調査報道ネットワーク、海外メディア、フリーランス、ネット媒体、犯罪被害者、研究者など、多数の方のご協力を得ることができました。

​サポーターのみなさん

J-Forum拡大版2019は次のサポーターの皆さんのご協力をいただきました。

Logo.png

報道実務家フォーラムは、調査報道を支える非営利ジャーナリズム団体の国際組織「世界調査報道ネットワーク」(GIJN)に加入しています