報道実務家フォーラムは、記者、編集者、ディレクターなど報道実務家が学び、話し合う場です。取材技法を高め知識を広げたり、情報、報道の自由と記者の権利について理解を深めたりする内容をテーマとしています。

 そのために、社会にインパクトを与えたスクープ、議論につながる好企画など、良い報道を手がけた記者らを招いてお話を聞いたり、ITや情報公開に詳しいジャーナリズム関係者から学んだりという、報道実務家のための機会を提供しています。

 報道実務家フォーラムは、こうした機会を日本でも設けようというものです。現役の記者や記者を目指す人、そういったテーマに関心のある人ならどなたでも参加できます。2日以上の大型イベントも単発の講演も、情報や資料共有の仕組み作りも引き続き手がけていきます。
 ぜひご参加下さい。 

 たとえば米国の調査報道記者・編集者協会(IRE)は毎年6月に4日間の大会を催し、「この取材はどう進めたか」など取材手法、デジタルテクや法的知識に至るまで200を超える講座が開かれます。IRE大会は毎年開催都市を変えて開かれ、会場となるホテルは1000人を超す参加記者らであふれ、交流も活発に行われてさながら合宿のようです。

 新聞・通信・放送の記者でつくる「取材報道ディスカッショングループ」の議論の中から2010年に生まれ、同グループが早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコースとの共催で、平日に1件の講演イベントを20回開いてきました。その蓄積の上に、2017年は一挙に8講座を土日ぶっ続けで開く初の[拡大版]を開催。2018年4月にはさらにパワーアップした2回目の[拡大版]を企画し、3日間で15の講座に約250人が参加しました。これは、欧米の同業者たちが実践し、報道界の力を向上させる成果を上げてきたイベントをモデルにしています。

 報道実務家フォーラムは将来にむけ、記者・編集者の職能団体「日本記者協会」も構想しています。日本では、既存のメディア関係団体も大きな役割を果たす一方、あらゆる記者のための団体はありません。記者の職能団体として▽記者の利益を代弁し▽知る権利の意義を訴え▽報道の自由、情報の自由の拡大に努め▽記者の実力を高め▽記者の権利を保護、拡大する団体となることを目指します。 そのために▽情報公開の拡大、報道抑制策縮小の働きかけ▽記者の技能、知識を高める講座やワークショップの開催▽記者証の発行―をする構想です。

​「日本記者協会」の

構想

 

報道実務家フォーラム 連絡先

〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1

早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース

瀬川至朗研究室気付

お問い合わせはこちらから

Logo.png

報道実務家フォーラムは、調査報道を支える非営利ジャーナリズム団体の国際組織「世界調査報道ネットワーク」(GIJN)に加入しています